ホワイトニング

ホワイトニング

歯を白くしたい方へ

加齢やコーヒー、お茶、赤ワインなどの食品、たばこなどによる歯の変色を、歯を削ることなく白くします。

当院では「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」「デュアルホワイトニング」の3パターンの方法でおすすめしております。歯が白くなることでお口もとが明るくなると自然と笑顔も増え、アンチエイジングにつながります。

オフィスホワイトニング

歯の表面のクリーニング後、ホワイトニング剤を塗布し、光照射し歯の内部の色素を分解します。 1回3セット行います。

使用する機械はBRILLICA(ブリリカ)というものです。 BRILLICAとは、直接開口器に取り付ける、新しいタイプのホワイトニングです。 動いても照射位置が一定なので効率的な施術が可能になり、 患者様の動いてはいけないというストレスが軽減されます。 薬剤は〈ティオン(Tion)オフィス〉を使っています。 その日に白さが実感できる高いホワイトニング効果と低刺激性を両立させたホワイトニング材です。
blilicaphoto

ホームホワイトニング

お口の型をとり、専用のトレーを作製します。トレーにジェルをいれ、装着していただきます。 オフィスホワイトニングよりゆっくり白くなります。お家でできるので、ご自身のスケジュールで ホワイトニングできます。

当院では薬剤に「ティオン(Tion)ホーム」を採用しています。 ジェル状なのでマウストレーに注入しやすく、歯面にムラなく広がります。 違和感が少ないソフトな装着感のマウストレーで長時間のホワイトニングも快適に行えます。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングと、ホームホワイトニングの両方を行います。より白さが実感できます。 オフィスホワイトニングで得られた白さを長期間保ち、より白くなることも期待できます。

  • *虫歯、詰め物や被せものの変色など、ホワイトニングでは改善されないものもございます。抗生剤での重度の変色も困難な場合があります。ホワイトニングご希望の方はご相談ください。
  • *ホワイトニングの効果はその方の嗜好物、生活習慣、色の感覚で白さの持続が異なります。
  • *ホワイトニング中刺激を感じたり、施術後知覚過敏がでる場合があります。
  • ホワイトニングにより脱水されたためで、一過性のもので問題ないとされています。

症状別診療ガイド

  •   Doctor's Fileに紹介されました!
  • Doctor'sFile
    トピックス
    • 光殺菌治療

    • アンチエイジング

    • 顎の痛み・頭痛・肩こりでお悩みではありませんか?

    • 無痛治療への取り組み

    • メディカルアロマテラピー

    エナデンタルオフィス ご予約