歯周病・虫歯治療

歯周病

歯周病とは、歯を支えている骨や歯茎が細菌により破壊されていく病気です。 お口のなかには数百種類の細菌が常にいます。磨き残しや砂糖の摂りすぎによりできた歯垢に歯周病菌が付着して毒素を放出し、歯と歯茎の付着を弱らせ隙間ができ(歯周ポケット)、唾液の中にふくまれているカルシウムが歯垢に入って歯石を作り、歯茎の腫れや出血、さらには骨を溶かして歯が抜け落ちてしまいます。

このような症状はありませんか?
  • 1.お口の中がネバネバする
  • 2.ブラッシング時に出血する
  • 3.歯茎がムズムズする、痛い
  • 4.口臭が気になる
  • 5.歯茎が赤く腫れている
  • 6.物が噛みにくい、つまりやすい
  • 7.歯が長くなった、歯茎がやせたような気がする
  • 8.歯並びが変わった
歯周組織図

症状が一つでも当てはまる場合には歯周病かもしれません。 歯周病の多くは慢性的に起こり、かなり進行しないと自覚症状が現れません。歯を失う原因の約半数は歯周病とも言われています。

虫歯

虫歯は歯周病と同じくお口の中にいる細菌が引き起こす病気です。磨き残しや砂糖の摂りすぎによりできた歯垢に虫歯菌が付着すると乳酸を放出します。歯の表面は硬いエナメル質というものに覆われています。歯は酸に弱く、お口の中の酸性の状態でいる時間が多くなると溶けて穴があいてしまいます。 歯周病と同様、初期は無症状で進行します。しみる、痛いなどの症状がでるころにはかなり内部まで進んでしまっているケースが少なくありません。 虫歯菌が歯の中の神経まで行ってしまっていると、感染した神経を取り除き、歯の根の治療が必要になります。

図

修復プログラム

虫歯になってしまった歯は削らないとなりません。ただ、必要以上の切削は歯の寿命を短くしてしまいます。なるべく侵襲が少ないうちにケアすることが大事です。 歯は自然治癒能力がありません。一度崩壊すると人工物で修復する必要がありますが、単に詰めたり、被せただけでは一時的な処置になってしまいます。 修復物が長期的にお口の中で正しく機能し、美味しくお食事ができるようにするためには、歯にしっかりフィットし、アレルギーの出にくい素材であること、全体の噛み合わせが調和していること、自然な見た目であることなど、質の高い治療が要求されます。 また、顎が開きづらい、頭痛、肩こり、腰痛がある場合も日頃の生活習慣や噛み合わせが影響している場合があります。歯と関係ないと思われることも実は関係していることがありますので、ご相談ください。

>> 顎が開きづらい、頭痛、肩こり、腰痛などの症状でお悩みの方

予防プログラム

歯周病も虫歯もお口の中の環境改善を図ることで進行を阻止し、健康を取り戻すことが可能です。 歯周病も虫歯も大元は歯垢が原因です。正しいブラッシングを毎日実行することこそが一番の予防です。歯周病の場合は歯茎の中に入ってしまった歯垢・歯石を完全に取り除き、根の表面を滑らかにして歯周病菌を除去します。 また、生活習慣や食事の工夫と改善が再発防止のためには大変重要です。 予防プログラムではおひとりお一人の生活環境に合ったケアをご提案させていただきます。

診療科目

予防プログラム ホワイトニング 審美歯科 デンタルエステ 虫歯治療 歯周病治療 入れ歯・ブリッジ 噛み合わせ治療 お子様の予防について

症状別診療ガイド

  •   Doctor's Fileに紹介されました!
  • Doctor'sFile
    トピックス
    • 光殺菌治療

    • アンチエイジング

    • 顎の痛み・頭痛・肩こりでお悩みではありませんか?

    • 無痛治療への取り組み

    • メディカルアロマテラピー

    エナデンタルオフィス ご予約