お子様の予防について

子どもの歯を守りたい

お子様は生まれたときのお口の中は無菌の状態です。 口移しなどで飲食させることで虫歯菌や歯周病菌がお子様にうつることになります。 口腔内の環境はおおよそ3歳ころまでにできあがります。それまでにしっかりブラッシングの習慣をつけたいものです。乳歯は非常に歯質が薄く、また生え変わりの永久歯も溝の形が非常に複雑で虫歯になりやすいです。 また、一人で磨けるようになっても磨き残しは必ずありますのでおうちでのブラッシングチェック、仕上げ磨きをしてあげることが大事です。 なるべく早く歯の表面についた歯垢を取り除き、定期的にフッ素塗布をして歯質の強化をすることをおすすめします。

フッ素塗布の効果

歯質を強化し、虫歯になりにくい歯にします。 初期虫歯の自然修復(再石灰化)を促進します。 抗菌作用や抗酵素作用により、虫歯菌の活動を抑制します。

 >> 成人の予防についてはこちら

診療科目

予防プログラム ホワイトニング 審美歯科 デンタルエステ 虫歯治療 歯周病治療 入れ歯・ブリッジ 噛み合わせ治療 お子様の予防について

症状別診療ガイド

  •   Doctor's Fileに紹介されました!
  • Doctor'sFile
    トピックス
    • 光殺菌治療

    • アンチエイジング

    • 顎の痛み・頭痛・肩こりでお悩みではありませんか?

    • 無痛治療への取り組み

    • メディカルアロマテラピー

    エナデンタルオフィス ご予約